トピックス

【正会員限定】6月度関東部会のご案内

一般社団法人日本知的財産協会                  2017年6月6日
関東正会員代表各位                        17日知専第7号
同窓口担当各位                     一般社団法人日本知的財産協会
(写)講師殿                          専務理事 久慈 直登

=================================================================

               6月度関東部会開催ご案内

=================================================================
下記により、6月度関東部会を開催いたしますので、ご多用中とは存じ
ますが、多数ご出席くださいますようご案内申し上げます。

なお、出欠についての事前連絡は不要です。当日は直接会場受付までお
越しください。ただし、会場の都合により、満席の場合は入場をお断り
する場合もありますので、ご了承ください。
【本メールアドレスは送信専用です】

◆日 時 6月20日(火) 14:00〜17:00

◆場 所 ベルサール八重洲
       東京都中央区八重洲1-3-7
      八重洲ファーストフィナンシャルビル2F
(「日本橋駅」 A7出口 直結、
       「東京駅」八重洲北口 徒歩3分)
      
◆議 題

1.会務報告  専務理事 久慈 直登

2.専門委員会報告

-------------------------------------------------------------------
◇1 中国・韓国・台湾における面接審査の実態調査
-------------------------------------------------------------------

国際第3委員会
2016年度 副委員長  榊原 孝典 氏
          (トヨタテクニカルディベロップメント株式会社)

▼報告概要
中国・韓国・台湾における面接審査の利用状況やその効果についてを解析
した。具体的には、JIPA国際委員会に所属する会員企業に対してアンケート
調査を実施し、中国・韓国・台湾における面接審査の活用について解析を
行った。多数の企業からの情報を解析できたことで、これまであまり知ら
れていない傾向をつかむことができた。面接審査の活用状況や傾向を
まとめて報告する。

-------------------------------------------------------------------
◇2 米国企業の協業活動に関する知財戦略の考察
-------------------------------------------------------------------

国際第1委員会  
委 員   河村 知史 氏(豊田合成株式会社)

▼報告概要
近年、標準化やアライアンスといった企業同士の協業により新たな製品や
サービスが生み出されている。協業が盛んな米国の事例に着目し、協業に
関連した特許ポートフォリオがいつどのような観点で構築されたかを分析し、
日本企業が協業を行う際に考慮すべき点を主催側・参画側の両立場から
考察した 。

-------------------------------------------------------------------
◇3 米国審判請求のススメ 〜実態調査に基づく有効活用法〜
-------------------------------------------------------------------

国際第1委員会  
委 員   吉田 晴信 氏(株式会社ソシオネクスト)

▼報告概要
「米国のファイナルオフィスアクション後の対応として、審判請求は費用が
かかるイメージから敬遠されがちである。本テーマは、本審理突入前に拒絶を
解消できれば、費用高額化を避け、効率的に権利化できるとの観点から、
過去の審判請求事例を実態調査し、審判請求の有効活用法を提案するもので
ある。

-------------------------------------------------------------------
◇4 米国特許におけるTeaching Awayの調査研究
-------------------------------------------------------------------

国際第1委員会  
副委員長   白水 豪 氏(ギガフォトン株式会社)

▼報告概要
米国では、先行文献の組み合わせを阻害する理由の一つとしてTeaching Awayの
主張が重要である。そこで、本委員会ではKSR最高裁判決以後のTeaching Awayに
関するCAFC判決を分析した。その結果、本発明の構成を直接否定する記載の
有無や、主張内容の類型によって、認められやすさに差があることが判明した。

<追伸>
次回7月度の部会は7月18日(火)にベルサール八重洲で開催を
予定しております。

関連リンク

[Update 2017-06-06 ]