トピックス

【正会員限定】12月度関東部会のご案内

一般社団法人日本知的財産協会                  2018年12月4日

関東正会員代表各位                        18日知専第18号
同窓口担当各位                     一般社団法人日本知的財産協会
(写)講師殿                          専務理事 久慈 直登

=================================================================

               12月度関東部会開催ご案内
              〜出欠の登録をお願いします〜

=================================================================

◆日 時 12月14日(金) 14:00〜17:00

◆場 所 ベルサール八重洲
       東京都中央区八重洲1-3-7
      八重洲ファーストフィナンシャルビル2F

      *正面玄関、受付左奥のエレベーターをご利用ください

◆議 題

1.会務報告  専務理事 久慈 直登

2.専門委員会報告

---------------------------------------------------------------
◇1 新興国および先進国における医薬品の強制実施権の比較
---------------------------------------------------------------

医薬・バイオテクノロジー委員会
委員長  寺内 輝和 氏(アステラス製薬株式会社)

▼報告概要
これまでに、新興国では医薬品の特許権に対して強制実施権がしばしば
設定されている。一方で、先進国でも強制実施権が設定された事例
(ドイツ)が存在する。本報告では、新興国及び先進国(ドイツ)での
強制実施権の事例を比較検討し、今後の展望について考察を行う。

3.特別講演

-----------------------------------------------------------------
◇1 特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)の新機能紹介
-----------------------------------------------------------------

特許庁 総務部 総務課 情報技術統括室
特許情報企画調査班長 長部 喜幸 氏

▼講演概要
特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)は、インターネットで無料で
利用できる、国内最大級の特許情報DBです。多様化するユーザーニースに
応えるべく機能の拡充を行ってきていますが、今回は、直近2018年3月
リリース済、及び、2019年5月リリース予定の新機能等についてご紹介
いたします。

-----------------------------------------------------------------
◇2 ペプチド医薬品開発の革命 
      〜ペプチドリーム社の強さを支える特許戦略〜
-----------------------------------------------------------------

東京大学大学院理学系研究科化学専攻
生物有機化学教室 教授 菅 裕明 氏

▼講演概要
菅 裕明先生は、特殊ペプチドとそれを合成する人工RNA酵素を開発され、
革新的なペプチド創薬プラットフォームを提供するバイオベンチャー
『ペプチドリーム』の創業者の一人として知られています。
起業におかれては、先生が開発されたペプチド合成技術とスクリーニング
システムを、事業成功のためのコア知的財産として位置付け、そのライセ
ンス契約についても独創的な枠組みを展開されています。
先生の名言である「異端は認められた瞬間、先端になる」は、知的財産に
とっても非常に示唆に富んだお言葉です。今回は、独自のペプチド創薬の
研究秘話やオープンインベーションへの想いも含めてお話し頂きます。

<追伸>
次回の部会は1月22日(火)開催を予定しております。

関連リンク

[Update 2018-12-04 ]