トピックス

【正会員限定】11月度 関西部会のご案内

(写)講師殿                                  2017年11月8日
一般社団法人日本知的財産協会                     17日知専15号
関西正会員代表各位                 一般社団法人日本知的財産協会
同窓口担当者各位                           専務理事 久慈 直登

=================================================================

                11月度関西部会開催ご案内
           
=================================================================
下記により、11月度関西部会を開催いたしますので、ご多用中とは存じ
ますが、多数ご出席くださいますようご案内申し上げます。
出欠についての事前連絡は不要ですので、当日は直接会場受付までお越し
ください。【本メールアドレスは送信専用です】

◆日 時 11月27日(月) 14:00〜17:00

◆場 所 大阪マ−チャンダイズ・マ−トビル201,202号会議室
     
大阪市中央区大手前 1丁目 7番31号
TEL 06-6943-2971
<地下鉄谷町線または京阪電車「天満橋駅」下車>


◆議 題

1.会務報告  専務理事 久慈 直登

2.政策プロジェクト・専門委員会報告

-----------------------------------------------------------------
◇1 国際政策プロジェクトの活動紹介【手続ハーモナイゼーション編】
-----------------------------------------------------------------

国際政策プロジェクト
WGリーダー 大塚 章宏 氏(日本メジフィジックス株式会社)

▼報告概要
国際政策プロジェクトの概要を説明するとともに、これまでの取組状況に
ついて紹介します。特に、5大特許庁における特許制度調和に関する専門家
会合であるPHEP(Patent Harmonisation Experts Panel) について、
優先3項目の対応状況とJIPAの貢献を紹介します。

-------------------------------------------------------------------
◇2 米国特許出願の情報開示に関する実態調査・研究
-------------------------------------------------------------------

国際第1委員会
委 員 四方 孝 氏(富士通株式会社 )

▼報告概要
米国特許出願の情報開示義務について“JIPA会員企業のIDS運用の実態”と、
USPTOに提出されたIDS文献を対象として“審査での活用の実態”とを
明らかにした。他、Industry IP5が提案した、米国特許出願人の情報開示
義務の負担を最小化する案について、約3割近くのIDS文献の提出免除に
つながる効果(想定)を確認できたので報告します。

-------------------------------------------------------------------
◇3 IoT(Industrie4.0/Industrial Internet Consortium)関連企業の
    特許出願状況の分析
-------------------------------------------------------------------

情報検索委員会 
2016年度 副委員長 柴原 庸介 氏(タツタ電線株式会社)

▼報告概要
IoT(Internet of Things)の中で産業機器(製造業)のIoTである
Industrie4.0とIndustrial Internet Consortiumに参加する複数企業
(SAP、Siemens、Bosch、ABB、GE)の特許分析を行い、考察しました。

-------------------------------------------------------------------
◇4 新検索技術の到来と特許調査の今後
-------------------------------------------------------------------

情報検索委員会
2016年度 委員 片山 博子(住友化学株式会社)

▼報告概要
近年の検索技術の進化は目覚しく、特許検索においても意味検索や機械学習
といった新たな技術が導入され始め、特許調査のあり方も大きく変わろうと
している。そこで、それらの技術の仕組みを調査するとともに、特許調査
業務が今後どのように変化していくのかを考察したので報告します。

<追伸>
次回の部会は12月20日(水)開催を予定しております。

関連リンク

[Update 2017-11-08 ]