トピックス

【正会員限定】10月度関東部会のご案内

一般社団法人日本知的財産協会                  2018年10月4日

関東正会員代表各位                        18日知専第14号
同窓口担当各位                     一般社団法人日本知的財産協会
(写)講師殿                          専務理事 久慈 直登

=================================================================

               10月度関東部会開催ご案内
              〜出欠の登録をお願いします〜

=================================================================

10月度関東部会を以下のとおり開催いたしますので、ご多用中とは
存じますが、ご出席くださいますようご案内申し上げます。

準備の都合上、末尾のURLより出欠回答をお願いします。出席の際は、
出席確認メールを印刷して受付にお持ちください。

◆日 時 10月23日(火) 14:00〜17:00

◆場 所 ベルサール八重洲
       東京都中央区八重洲1-3-7
      八重洲ファーストフィナンシャルビル2F


◆議 題

1.会務報告  専務理事 久慈 直登

2.Japioからのご案内

-----------------------------------------------------------------
改訂版「特許ライティングマニュアル」のご紹介
-----------------------------------------------------------------

日本特許情報機構(Japio)
特許情報研究所調査研究部長 清藤 弘晃 氏

▼講演概要
明細書の書き方を解説する「特許ライティングマニュアル」は、誤解防止
が図れるとともに人手翻訳や機械翻訳がしやすくなる手法を取りまとめた
ものである。本マニュアルは、豊富な改善例を交えつつ26ページとコンパ
クトなため、簡便に内容を把握可能。今回、マニュアルの大幅改訂が行わ
れたため、概要を説明する。

3.専門委員会報告

---------------------------------------------------------------
◇1 医薬・医療分野のAIに関する技術・知的財産研究
---------------------------------------------------------------

医薬・バイオテクノロジー委員会
副委員長 海津 新 氏(株式会社日立製作所)

▼報告概要
医薬品開発および診断・医療におけるAIの技術動向を調査するとともに、
AIを活用したビジネスを行うベンチャー企業の企業動向および特許出願
傾向を調査・分析した。また、AIにより創作された発明またはAIを
解決手段として活用した発明に対する特許性判断を調査・検討した。

-----------------------------------------------------------------
◇2 裁判所におけるクレームの文言解釈の動向に関する考察
-----------------------------------------------------------------

特許第2委員会
2017年度副委員長 松田 心平 氏(カシオ計算機株式会社)

▼報告概要
本テーマでは、過去の裁判例を基に、要旨認定と技術的範囲確定とにおける
裁判所の近年のクレームの文言解釈の傾向、及びリパーゼ最高裁判決で
判示された特段の事情に関する裁判所の判断傾向を分析し、実務での留意点
を検討した。本報告では、上記傾向分析結果に基づいた実務上の留意点を
報告する。

-----------------------------------------------------------------
◇3 知財部門からの情報発信のあり方の研究
             〜経営層に効く情報発信とは〜
-----------------------------------------------------------------

マネジメント第2委員会
副委員長  倉貫 北斗 氏(株式会社IHI)

▼報告概要
知財情報は、企業を取り巻く環境の変化により、ますます重要なものと
なってきた。しかし、経営層による経営戦略や事業戦略策定のなかでの
活用例は少ないと思われる。そこで、本テーマでは、その原因を探り、
どのような内容・視点・タイミングで情報発信すれば活用されるかを
具体例も交えて提言する。

<追伸>
次回の部会は11月20日(火)開催を予定しております。

関連リンク

[Update 2018-10-04 ]