トピックス

【正会員限定】11月度関東部会のご案内

一般社団法人日本知的財産協会                  2018年11月5日

関東正会員代表各位                        18日知専第15号
同窓口担当各位                     一般社団法人日本知的財産協会
(写)講師殿                          専務理事 久慈 直登

=================================================================

               11月度関東部会開催ご案内
              〜出欠の登録をお願いします〜

=================================================================

11月度関東部会を以下のとおり開催いたしますので、ご多用中とは
存じますが、ご出席くださいますようご案内申し上げます。

準備の都合上、末尾のURLより出欠回答をお願いします。出席の際は、
出席確認メールを印刷して受付にお持ちください。

◆日 時 11月20日(火) 14:00〜17:00

◆場 所 ベルサール八重洲
       東京都中央区八重洲1-3-7
      八重洲ファーストフィナンシャルビル2F

      *正面玄関、受付左奥のエレベーターをご利用ください

◆議 題

1.特別講演

-----------------------------------------------------------------
不正競争防止法平成30年改正の概要
-----------------------------------------------------------------

経済産業省 経済産業政策局
知的財産政策室 室長 渡邊 佳奈子 氏

▼講演概要
第四次産業革命が進展しデータが価値の源泉となる中、データを安心・
安全に利活用できる環境整備を目的として、(1)「限定提供データ」に係る
不正行為を不正競争行為として追加、(2)技術的制限手段に係る規律強化、
(3)証拠収取手続の強化、を盛り込んだ不正競争防止法を改正したため、
本内容を説明する。

2.会務報告  専務理事 久慈 直登

3.専門委員会報告

---------------------------------------------------------------
◇1 米国特許システムはプロパテントに向かうのか?
---------------------------------------------------------------

国際第1委員会
委 員  浅井 興二郎 氏(本田技研工業株式会社)

▼報告概要
1990年後半のPAE出現までプロパテント傾向が進んだが、2012年AIAにより
IPRが導入され、PAEによる特許濫用への対抗策提供とともにプロパテント
傾向は弱まった。しかし、米国のイノベーション強化の流れもあり、再び
特許保護のあり方が見直されつつある。米国の動向から今後の特許保護の
方向性を考察し報告する。

-----------------------------------------------------------------
◇2 裁判所における発明者認定方法に関する研究
-----------------------------------------------------------------

特許第2委員会
2017年度副委員長 塚原 剛 氏(キヤノン株式会社)

▼報告概要
発明者が誰であるかは、職務発明に対する報奨の配分や複数当事者間での
共同研究開発成果の取扱いの協議等、様々な場面における判断の基礎となる。
本研究においては、発明者認定に関する訴訟をケーススタディとして、
裁判所における発明者認定基準を紹介すると共に、実務者への提言を行う。

-----------------------------------------------------------------
◇3 商用特許DBの比較検討
-----------------------------------------------------------------

情報検索委員会
2017年度委員  太田 文徳 氏(株式会社ブリヂストン)

▼報告概要
国内外の商用DBベンダーに対して3つの課題(収録状況、業務効率、教育
関係)観点でのアンケートを実施して得られた回答を数値化し、レーダー
チャートによる図示化、ポジショニングによる総合比較という形で商用特許
DBを体系的に整理しました。情報検索委員会がこれまで定期的に行って
きた、商用特許DBの比較検討方法に新たな観点を加えたものになっており、
商用特許DBを購入される際の一助になると考えております。

<追伸>
次回の部会は12月14日(金)開催を予定しております。

関連リンク

[Update 2018-11-05 ]