ちょっと一言

サトウの切り餅事件・知財高裁で逆転判決 −何があったのか−

東京地裁では、被告製品「サトウの切り餅」が、原告・越後製菓の特許権を侵害しないとして、被告勝利にしました。しかしながら、9月7日、知財高裁が逆転判決、特許権を侵害するとして、原告勝利となったのです。特許庁の判定も非侵害としたこの事件、知財高裁で何があったのでしょうか。早速判決を読んでみました。
越後製菓の特許は、右の【図1】のように切り餅の横腹にスリットを入れたもので、餅が焼けたとき【図2】のように横から蒸気が逃げ、最中のように焼きあがるという効果をもたらすものです。オーブントースターでも綺麗に焼けるというものでした。

  • 画像1

知的財産面での論点

東京地裁で議論になった「構成要件B」を満足するか否かの議論が最初にありました。「切り餅の載置底面または平坦上面ではなくこの小片餅体の上側表面部の立直側周表面に、この立直側面に沿う方向を周方向としてこの周方向に長さを有する一若しくは複数の切り込み部又は溝部を設け」というところの文言解釈です。
争点は、「切り餅の載置底面または平坦上面ではなく」という言葉が、「平坦上面に切り込み付けること」を排除しているのか、いないのかです。
被告製品の「サトウの切り餅」には、一番下の図のように、上面に十字のスリットが入っています。
東京地裁は「排除している」としました。特許出願を権利化に持っていく段階で請求項を補正し、「側面にのみ切り込みを入れる」という文言を追加しようとしたので、「切り餅の載置底面または平坦上面ではなく」は、「上面に切り込みを入れてはいけない」と解釈できるとしたのです。
知財高裁は、この判断は誤りで、「排除していない」と判断しました。構成要件Bの文章を素直に読めば、「載置底面または平坦上面ではなく」との記載部分の直後に、「この小片餅体の上側表面部の立直側周表面に」読点が付されることなく続いている、というのがその理由であるとしています。

  • 画像1


どうも納得がいきません。

意見書に不用意なことを書いて、権利範囲を狭くした失敗事例をたくさん知っているからです。

新たな事実

読み続けていくと、大きな変化がありました。
被告の佐藤食品工業は、越後製菓の特許を無効にするために、特許出願日よりも先の時点で「側面にスリットが入った切り餅」を販売していたと主張していました。その証拠として、公正証書を提出しています。公正証書は浅草の公証役場で作成されたものですが、公証人が目撃、実験した事を記録しています。公証人は正しいのですが、どうも、そこに持ち込まれた証拠品が疑わしかったようです。
証拠品の外袋には、「こんがりうまカット」「賞味期限2003.10.17」と書かれてありました。封入されていた内容物は個別に包装された20個の切り餅で、上下面の十文字の切り込みが入り、側面にも切り込みが付与されていたそうです。それが事実であれば、「公用」ということで特許無効となります。
この商品が、特許出願(平成14年10月31日)よりも早い平成14年10月21日にはイトーヨーカ堂において販売されていたとことを証明するものは、F氏の証言でした。F氏は、佐藤食品工業の社員です。ところが、状況証拠をいろいろ集めてみると、これが、どうも「捏造品」らしいのです。
 屬海鵑りうまカット」は、平成14年10月(特許出願よりも前)に製造販売されましたが、上下面にのみ切り込みが入ったもので、側面に切り込みがなかったものであったこと。
側面にスリットが入った「サトウの切り餅パリッとスリット」という商品が佐藤食品工業から販売されましたが、その時期は、特許出願から1年経過後の平成15年9月であったこと。
Bμ未縫好螢奪箸入った「サトウの切り餅パリッとスリット」の販売開始にあたり、佐藤食品工業のE常務が、「サイドに切り込みを入れたのが特徴」とわざわざ話していること。
などなど、状況証拠は、「証拠品」がいかがわしいことを物語ります。
飯村裁判長は、ばっさりと「F証言は不自然である」と断定しました。地裁判断と最も異なる所です。F氏が、平成15年9月以降に発売された「パリッとスリット」を、「こんがりうまカット」の袋に入れて封をし、偽の賞味期限を印刷し、あたかも平成14年10月に、「側面にスリットが入った餅」が世の中に出ていたかのように装ったのです。
ここら辺の状況は、判決文の24ページ以降をご覧ください。ここの記載は、判決文に対して「食わず嫌い」の方にもお薦めです。面白いと思います。是非ご覧ください。

判断の妥当性

裁判は、「司法の正義感」に基づき判断されるものです。嘘の証言をした被告側に、ペナルティが課せられるのは当然です。
判決は、その事件の全体像をみて下されます。構成要件Bの判断にすこし違和感があるとしても、司法の正義感に照らせば、飯村裁判長の判断は、正しい判断であると、小生は強く思います。
「知財高裁・逆転判決!」と聞いて、ついに知財高裁も血迷ったかと一瞬思いましたが、判決文をみて正しい判断とわかり、安心しました。

  • 画像1

コンプライアンスの問題

一方で、佐藤食品工業にとっては大問題です。損害賠償では済まないことになります。コンプライアンスの問題で、消費者は同社の食品を購入しない行動に発展しかねません。企業を救おうとした行為が(F証言)が、大問題を引き起こしました。われわれも、気をつけなければなりませんね。 知財高裁判決 http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20110908113622.pdf

(M.S)

Copyright (C) Japan Intellectual Property Association All Rights Reserved.