新刊書紹介

新刊書紹介

先使用権の確保に向けた実務戦略
−先使用権制度,判例,企業における発明管理施策−

編著 重冨 貴光 著
出版元 経済産業調査会 A5判 230p
発行年月日・価格 2013年3月26日発行 2,400円(税別)
我が国では企業における技術開発がますます 盛んになり知的財産の重要性が大きくなってい る。先願主義のもとでは,開発した技術を迅速 に特許等で出願することが基本であるが,企業 戦略としては,開発した技術を出願せずに社内 にて管理する場合も少なくなく,この場合に将 来的に他社からの特許権侵害の責任追及を受け ることが想定される。そこで,「先使用権」を 主張することが非常に重要な防御手段の一つで あるが,先使用権の立証には重要な論点が多く 存在する。それらについて分かり易く,実務に 役立つ書籍をお探しの方にお薦めなのが本書で ある。

本書は,先使用権に関する成立要件や企業の 具体的な対応について重要な判決例を交えて解 説した前半部と,先使用権に関する最近の判決 例を紹介した後半部とに分かれている。

前半部の項目は下記の通りである。
〔機誉荵藩儻△砲弔い董歃論
1 先使用権とは
2 先使用権の趣旨・法的性質
3  発明管理施策下における先使用権の位置 付け
4 先使用権を実務上活用する場面
5  特許権侵害訴訟における先使用権審理に 関する特徴
6 先使用権と公然実施との関係
7 ( 参考)特許権の移転登録前の実施による通常実施権について
〔供誉荵藩儻△寮立要件・効力
〔掘誉荵藩儻⇔証のための実務的方策
1 先使用権立証のための対応策
2  書証の成立の真正及び信用性を確保する ための方策について
3  被告企業(先使用権主張者)保有の営業 秘密開示・漏洩リスクについて
〔機余呂任蓮だ荵藩儻△砲弔い討粒詰廚任△蝓 初心者も理解し易い内容で解説されている。

〔供余呂任蓮だ荵藩儻△両鯤検米探法79条) を分節した成立要件が逐条的に解説されてい る。先使用権といえば何と言ってもウォーキン グビーム最高裁判決がリーディングケースであ るが,この最高裁判決やそれ以降の重要な判決 で示された規範を基にした解説であり,先使用 権の立証要件に関して現行の傾向を余すことな く理解できる内容となっている。

〔掘余呂任蓮だ荵藩儻⇔証のためには実務 では具体的に何をすべきか,そして何に留意す べきかが解説されている。特に,具体的な事業 を例として解説されているので,企業の知的財 産部員だけでなく,開発部員や事業部員にも実 務的に役立つであろう。

また,後半部では,ウォーキングビーム最高 裁判決以降,平成に出された特許・実用新案・ 意匠の先使用権関連の判決が62件紹介されてい る。前半部を読んで先使用権について十分に理 解した後に後半部の判決を読めば,最近の判決 の傾向を一層理解し易いのではないだろうか。 このように,先使用権を事業の知財戦略に位 置づけようと考える企業には是非お薦めの一冊 である。

(紹介者 会誌広報委員 K.K.)

新刊書紹介

産業財産の損害賠償の国際比較研究

編著 浜田 治雄 著/td>
出版元 三恵社 B5判 486p
発行年月日・価格 2013年2月22日発行 5,000円(税別)
情報技術の著しい発展により,知的財産の侵 害に伴う損害賠償請求の問題は,世界諸国の至 るところで発生している。企業や個人はその迅 速な対応に迫られるが,情報の未整備のため対 応の戦略的準備ができずパニック状態となりう る。

本書は,その円滑な解決の一助となる情報を 提供することを目指し,産業財産保護制度の存 在する90カ国の損害賠償制度について,我が国 の特許法102条,105条との比較において調査・ 研究し纏められたものである。

研究の主な項目は以下9つである。
‖山嫁綵の根拠法条
損害賠償の算定方法
算定のための帳簿等の提出義務
ぞ斂声蠱糞擇咯斂誓嫻づ床農度の有無
ゾ談濃効
裁判管轄
懲罰的賠償制度の有無
┿藩兌圓寮嫻
弁護士の手数料
また,その他の項目として,通常の賠償金額, 裁判における算定期間,海外判決等の執行方法, 不当利得返還請求制度の有無,保険制度の有無 に関しても,可能な限りの調査研究を行っている。はじめに研究の概要や対象項目の説明,日本 企業の取引先国として重要かつ関心の高い国々 (米国,ドイツ,英国など14カ国)の概観が書 かれ,実務者にとってまずは押さえておきたい 国について,大まかではあるが情報を知ること ができる。

その後に,第1章:総論,第2章:各論,各 国制度,第3章:世界各国損害賠償制度一覧, と続く。

第2章の各国の研究結果は簡潔に纏められ, 要点や特徴(傾向)が理解しやすい。アフリカ, 中近東,南米など法制度が未整備なことが多い 諸外国については「情報が不十分」と断り書き があるものの,意欲的に情報収集に取り組まれ ていることが窺え,筆者の苦労が偲ばれるとと もに,各国の損害賠償に関する条文を日本語で 確認できるのは,大変に有用だと感じた。

本書は,訴訟等の紛争に巻き込まれた際の事 後対策として活用できることはもちろん,紛争 の予防対策の一場面での活用も期待でき,訴訟 に携わる実務者にとっては必携の1冊であろ う。

なお,本書は英語版も出版されており,併せ て揃えれば,専門英語の習得に役立つと思われ る。

本書をお手元に置いたら,まずは関心のある 国のみを読まれるかもしれない。しかし,あま り馴染みのない国も一読していただきたい。時 折,驚くような運用をしている国があり,その 発見を楽しめる。

(紹介者 会誌広報委員 K.I.)

新刊書紹介

元気な中小企業はここが違う! 知的財産で引き出す会社の底力

編著 土生 哲也 著
出版元 金融財政事情研究会 四六判 248p
発行年月日・価格 2013年4月18日発行 1,400円(税別)
著者は,特許庁や各地の経済産業局のプロジ ェクトで,中小企業の知的財産戦略の推進を支 援する目的から,全国各地で知的財産について 先進的な取組みを進める中小企業を数多く訪問 し,経営者へのインタビューを行ってきた。ま た,政財系金融機関に勤務していたときには, 知的財産権を担保にした新しい金融制度の立上 げとベンチャーキャピタルでの投資業務に携わ っていたとのことである。本書は,これらの著 者の経験をもとに中小企業が元気になる秘訣を 解き明かそうとする書籍である。

本書の前書きを援用するに『訪問してきた企 業は,いずれもユニークな製品やサービスで積 極的に事業を展開し,特許や商標の出願,ノウ ハウの管理といった知的財産マネージメントに も熱心に取り組んでいる中小企業です。それら の企業を訪問してみると,いわゆる「中小企業」 から連想されるイメージとは異なる空気が感じ られました。(中略)「知的財産に力を入れてい る元気な中小企業は「何か」が違う」と感じる ようになりました。その「何か」とは,いった い何なのだろうか。』との内容を読み,紹介者 たる私は,その「何か」とは何だろう!と心底 興味を惹かれて本書を手にした。

本書の構成は以下の通りである。
第1部  知的財産の力で「会社」を元気にしよう!
第1章  元気な中小企業の「説明力」と「挨拶力」
第2章 中小企業の元気を育む知的財産
第3章 知的財産の八つのはたらき
第4章 中小企業を元気にする秘訣
第2部  中小企業の力で「ニッポン」を元気にしよう!
第1章 中小企業を再考する
第2章  元気な中小企業の力で日本経済を活 性化

第1部では,元気な中小企業に共通する特徴 と元気の背景には必ず知的財産を核にユニーク な活動を展開していることを複数社の実例によ り具体的に紹介している。

知的財産というと一般的には,特許権をはじ めとした独占権であり他人に真似されないため のもの,模倣品を排除するためのもの,といっ たイメージが強いが活用方法によっては,会社 自体を元気にし,より良い方向へ変えて行くツー ルとして用いることができることが理解できた。 第2部では,元気で前向きな中小企業は,日 本の各地に存在しており,これらの中小企業の 力でニッポンを元気にできるとの著者の論考が 述べられている。

紹介者は,規模からすれば,いみじくも大企 業の部類に入る企業の知的財産部員として業務 を行っているが,本書を読んで知的財産の活用 により,わが社をも元気に変えられるのではな いか,とのヒントと活力が貰えた次第である。 中小企業の方々は勿論のこと大企業の方々に もタイトルに囚われることなく一読をお勧めし たい一冊である。

(紹介者 会誌広報委員 M.N.)

新刊書紹介

グローバル経営を推進する 知財戦略の教科書

編著 藤野 仁三 監修,鈴木 公明 編著
出版元 秀和システム A5判 384p
発行年月日・価格 2013年3月10日発行 3,200円(税別)
本書を手にとって読み始めたとき,研究職か ら知財部に異動した直後の毎週定期的に行われ る部内ミーティングでの議論内容が理解でき ず,とてもつらい思いをしたことを思い出した。 知財戦略の知識が皆無であったため,知財と研 究開発〜事業展開の流れをうまく結び付けられ ず,話題に入れなかったのである。

その当時,これではいけない,と大きな本屋 の知財関連書籍を見て歩いたのだが,どんな書 籍から読めばよいのか皆目わからなかった。法 制度等を解説した書籍はたくさん並んでいる が,知財戦略全般についてわかりやすく書いた 書籍は極めて少なかった。ビジネス書籍も調べ たが,知財について詳しく書かれているものは ほとんど認められなかった。やむなく,数冊買 って帰って読み始めたものの,求める内容では なかったり,逆に知財経験の浅い者が容易に理 解できるものではなかったりで,それらの書籍 は,その後しばらくの間,埃をかぶった状況で 放置されていた。あの時に本書と出会っていれ ば,きっともっとスムーズにミーティングに合 流できたことだろう。

本書は大学院のMBA,MOT,MIPコース, 法科大学院をめざす学生や社会人,大学・企業 の知財担当者,法務担当者,弁理士や弁護士を 対象にした,知的財産戦略の総合教科書である。 全体は,(1)知的財産戦略の基礎,(2)知的 財産関連法,(3)知的財産戦略,(4)知財実務,(5)知財経済・経営,の大きく5章に分 けられており,各章において,さらに重要なト ピックスに分けられている。執筆されている先 生方は,各分野の第一線でご活躍の先生方であ り,いずれの内容についても実に簡潔にわかり やすく解説されている。最初から順を追って読 むことはもちろん,自分が見たい内容の概略を 手早く理解するといった場面にも有益に活用で きるように工夫されている。

例えば,「知的財産関連法」の章からは,特許・ 実用新案・意匠・商標の四法以外に,不正競争 防止法・著作権・独占禁止法等の法域にも最近 のトピックスを取り上げながら,実務的側面を 大いに意識しながら解説されている。

「知的財産戦略」の章では,研究開発,バイ オ特許,デザイン,技術移転,中小企業,コン テンツビジネスといったさまざまな状況下での 知財戦略を取り上げることで,知財が具体的に どのようにマネージメントされていくのかを容 易に理解することができる。

さらに,「知財実務」の章で例に挙げられて いる話題には最近の米国知財事情,知財契約, 知財紛争処理の話題などが簡潔にわかりやすく 紹介されている。

本書は,その対象とする読者に求められる知 識とスキル取得のための良き「教科書」として, また,中堅組が「今更聞けない事」を調べるた めの有益な書籍として,大いに活用されていく ことであろう。

今後もさらに最新の話題を取り入れられなが ら版を重ねられることを願う。

(紹介者 会誌広報委員 T.M.)

Copyright (C) Japan Intellectual Property Association All Rights Reserved.