役員談話室

第4回JIPA知的財産フォーラム関西を振り返って

日時:2013年11月12日
場所:ANAクラウンプラザホテル大阪

余興は交流と懇親の活性剤!

 本年度で4回目となる「JIPA知的財産フォーラム関西」を11月12日にANAクラウンプラザホテル大阪で開催しました。今回は総勢138名が参加し盛況な会となりました。

 このフォーラム関西の特徴は、第一部と第二部のグループディスカッションに加え、第三部として交流懇親会を必須構成に組み込んでいることであります。その結果、交流懇親会への参加率は92%に達しており、JIPAの他の会合と比較して極めて高い率となっております。

 この交流懇親会には、第一回より毎年度のプログラムに「余興」を組み込んでおります。余興は、参加者の交流・懇親を一層盛り上げることを狙いとしております。そして、余興役は、実行委員会のメンバーに担って頂いております。すなわち、数名の委員で余興チームを編成し、演題、シナリオ、台詞、振付け、小道具等々を話し合って取り決めて、それに沿って練習し本番に臨むことになります。

 今年度の余興記兇蓮◆屮法璽魯中国クイズグループチャンピョン決定戦」、「第3回JIPAじゃんけん王決定戦」でありました。前者は、中国ブームに便乗して、余興役が中国の話題をクイズ形式で出題し、第一部・第二部の14グループによるグループ対抗戦で競い合い、その勝者グループを表彰するシナリオでありました。後者は、定番の余興であり、余興役のじゃんけんマンと参加者全員がジャンケンして、最後まで勝ち残った方にJIPAじゃんけん王の称号を与えるというシナリオでありました。何れもシンプルな構成でターゲットも明確であるため、全員が同じベクトルとなるため、会場は相当盛り上がりました。

 余興機ν抄臭兇両ー圓砲蓮⇒事長より表彰状と副賞を授与して頂き、その栄誉を讃えることにしております。少々かたい儀式となりますが、余興が締まり参加者には励みになっているようであります。

  • 開会挨拶と乾杯発声

  • 懇親会風景

・・・・・★◇◆☆◇□★◇★□★◇◇★・・・・・


 交流懇親会に欠かせなくなった余興について、余興役を担当して頂いた実行委員より、余興をやり遂げた感想をお聞きしました。

余興機ァ屮法璽魯中国クイズグループチャンピョン決定戦」(清川実行委員、元化学部会業種担当理事)
余興供ァ崑茖害鵤複稗丕舛犬磴鵑韻鷁Ψ萃蠕錙廖糞禿勅孫坩儖、元建設部会業種担当理事)

 つい半日ほど前に出会った10人ほどのメンバーが、業務に関連したディスカッションだけでは得られないかもしれない、一体感のようなものを持って楽しんでもらえる余興にしたいなぁとの想いを持って、前年度のルパン三世に続き、
今年度は不二子ちゃん、ではなく、ブルース・リーに扮してクイズの司会役をさせていただきました。

 今年度は前年度まで活躍された大物プロデューサーがスケジュールの都合で辞退され、知財協が誇るじゃんけんマン・菊田さんと私と岡崎所長の3名で準備を進めることになりました。
 クイズの選択、台本の作成、衣装の選択・輸入、音楽の選択・購入、リハーサルなどなど、当初は月に一回、ラスト一ヶ月は少しペースをあげて打合わせを行いまして、多くのダメ出しをいただきながら芸(?)を磨かせてもらいました。「ウケませんでしたわぁ。申し訳ないですぅ。」では済まされへんのやろなぁ、というプレッシャーに折れてしまいそうな心を、皆さんと一緒に過ごす時間で癒してもらっていたようにも思います。とは言いましても、会社での通常業務を終えた後に、関西事務所に集まって行うシラフでのリハーサルは、本番よりもずっとキツかったかもなぁ(?)、とも思ったりしております。か弱くちっちゃなハートを持ったじゃんけんマンとブルース・リーなもんですので…。

 本番では、緊張と多少の(?)酔いもあって、全てを台本どおりに進めることはできませんでしたが、参加者の皆さんの絶大なご協力と余興に溶け込んでいただいたこともあって、大変盛り上がり良かったように感じました。私だけでなく、参加者の皆さんもそのように感じていただけていたのなら、時間をかけて仕上げた甲斐もあったと思います。
 本番後、とある参加者の方に、「いっつもあんな感じで仕事してはるんですか?楽しそうでいいですねぇ。」と言っていただきました。仕事は、黙々と、地味に、椅子から動かず、辛そうに(?)やってます。頭の中では、ルパン三世とブルース・リーのテーマが響いてますけどね。さて、来年はどんな扮装をさせてもらいまひょ?


余興機ァ屮法璽魯中国クイズグループチャンピョン決定戦」

  • 余興I風景

  • 余興I表彰式

余興供ァ崑茖害鵤複稗丕舛犬磴鵑韻鷁Ψ萃蠕錙

  • 余興供覆犬磴鵑韻鵐泪鵝

  • 余興局景

・・・・・★◇◆☆◇□★◇★□★◇◇★・・・・・


 来年度は、フォーラム関西の5周年を迎えます。実行委員会の皆様には5周年に相応しい企画をして頂き、今年度より多くの会員の知財実務者の参加を期待しております。そして、交流懇親会において、参加者の交流と懇親を深めるため、そのプログラムに余興を是非とも組み込みたいと願っております。

以上


岡崎 秀正(日本知的財産協会 関西事務所長)

Copyright (C) Japan Intellectual Property Association All Rights Reserved.