国際活動

Kappos元USPTO長官・Rea元長官代行ら との交流会を開催

 2018/6/19東京事務所にて、米国からKappos元USPTO長官・Rea元長官代行ら著名な知財専門家の来訪を受け、浅見理事長・加藤常務理事・国際第一委員会メンバー他と交流しました。 来賓側から、米国で今最もホットな知財トピックスとして、IPR手続でのクレーム解釈基準の変更、∧胴颪寮策変化、J篤探法101条を巡る問題、SEP/FRANDを巡る動向、テ叛蟠愡瀚,汎探、 Ρ超犯詭保護の強化策 について、最新の動向と議論をご紹介頂き、JIPA側参加者とそれに対する情報・意見を交換しました。
 各トピックとも、来賓の間でも異なる意見が示され、深みのある意見交換となりました。
 ○来賓(敬称略) :  ○JIPA参加者(敬称略):
 ・  David J. Kappos/元USPTO長官  ・  浅見 正弘/理事長
 ・  Terry Rea/元USPTO長官代行  ・  加藤 実/常務理事
 ・  Robert L. Stoll/元USPTO特許局長  ・  小川 禎/国際第一委員会 委員長
 ・  Michael Dzwonczyk/GWU Law School教授  ・  山羽 充洋/同 委員長代理
 ・  Matthew Smith/Smith Baluch  ・  白水 豪/同 副委員長
 ・  Teresa Summers/Summers Law Group  ・  南 靖彦/同 副委員長
 ・  奥山 尚一/AIPPI-Japan副会長  ・  平林 正史/同 副委員長
   ・  浅井 興二郎/同 IPR関連調査研究WGリーダー
   ・  伊藤 寛、永野 大介、古谷 真帆/事務局
Copyright (C) Japan Intellectual Property Association All Rights Reserved.