政策プロジェクト

政策プロジェクト活動紹介

第四次産業革命プロジェクト

 第4産業革命下の大きな変化の時期に、日本の産業のあるべく姿を模索し、それに呼応したJIPAの今後の活動の在り方や人材の方向性等を総合的に検討し、同時にそれに合わせた法律のあり方等を見極め、当該情報・意見の発信を実行する。

グローバル模倣品対策プロジェクト(旧:アジア戦略プロジェクト)

 ユーザーの立場で、アジア地域の制度改正について意見を提出するとともに、主として模倣品、海賊版の対策を検討することで、知的財産の保護促進に寄与するとともに、アジア諸国へのそれらの支援を通じて利用しやすい制度の実現を目指す。

日中企業連携プロジェクト

 急激に知財管理能力が向上した中国企業の現状に対して、ビジネスの観点を含め中国企業と情報共有を実施し、中国の知財情報を正確に把握し、会員が中国市場でビジネスを円滑に進めることができるような環境の構築を目指す。

国際政策プロジェクト

 グローバルな知的財産制度の調和に向けて、グローバルユーザの立場で他国のユーザ団体及び国内外特許庁との議論に積極的に参加し、会員の利益を前提とした均衡でユーザフレンドリーな制度設計の提言を行い、制度調和を実現する。

WIPOプロジェクト

 第四次産業革命が引き起こすグローバルな変革に対していかに知的財産制度を変容すべきか、産学合同等で議論し、かかる変容に対してのアクションをWIPOに提言し、WIPOと連携してアクションを実行する。

JIPA知財シンポジウムプロジェクト

 JIPA最大のイベントであるシンポジウムの開催に向け、会員等の最新の課題・ニーズに即したプログラムを企画するとともに、適切な講演者・パネラーを選定し、当日の運営をも実行する。

次世代コンテンツ政策プロジェクト

 次世代コンテンツ政策のあるべき姿を模索するとともに、現状のコンテンツ政策の課題・ニーズを明確化し、当該意見を文科省文化庁、経済産業省等と協議・発信を実施する。

SDGsプロジェクト

 SDGsについて検討を深め、17の目標に対して技術と知財で貢献を目指す。先ず気候変動とエネルギーの分野において、WIPO GREENを通じて会員企業の環境技術の普及、連携を進める。
Copyright (C) Japan Intellectual Property Association All Rights Reserved.