「知財管理」誌

知財管理 掲載記事紹介 Vol.65

掲載巻(発行年) / 号 / 頁 論文区分 論文名 著者 抄録
65巻(2015年) / 12号 / 1746頁 資料 わが社の知財活動 楽天株式会社 -
65巻(2015年) / 12号 / 1740頁 今更聞けないシリーズ(No.100) (No.100) 欧州特許異議制度─欧州特許異議で勝つための秘訣─ 太田恵一
65巻(2015年) / 12号 / 1730頁 判例と実務シリーズ(No.454) (No.454) 均等侵害の認容判決から考える実務上の指針 中村小裕/田中順也
65巻(2015年) / 12号 / 1718頁 論説 中国企業への技術ライセンスにおける保証責任のリスク低減─ビジネス環境に応じた最適スキームの考察─ ライセンス第1委員会第2 小委員会
65巻(2015年) / 12号 / 1703頁 論説 経営判断に資する意思決定支援システムの検討─事業判断に必要な情報の検討とそのシステム化の検討─ 情報システム委員会第2 小委員会
65巻(2015年) / 12号 / 1687頁 論説 医薬品産業の知財戦略(その2)(完)─医薬品の各特許タイプの権利化の分析─ 医薬・バイオテクノロジー委員会第2 小委員会
65巻(2015年) / 12号 / 1671頁 論説 クレームの文言解釈における出願経過参酌の研究 特許第2 委員会第2 小委員会
65巻(2015年) / 12号 / 1660頁 論説 知財活動チームを母体とした新たな三位一体の知財活動の提唱について 百瀬 隆
65巻(2015年) / 12号 / 1645頁 論説 誤った記載が含まれるクレームに基づき中国で権利行使する場合のクレーム解釈 梁 熙艶
65巻(2015年) / 12号 / 1633頁 論説 インヘレンシーについて判断した米国控訴裁判所の判決を読む 宮前尚祐
65巻(2015年) / 12号 / 1631頁 巻頭言・挨拶 太平洋セメントの研究開発と知的財産 小川賢治 -
65巻(2015年) / 11号 / 1610頁 協会活動 2014年度日中企業連携会議報告 日中企業連携P J
65巻(2015年) / 11号 / 1601頁 協会活動 WIPO特許法常設委員会第22回会合 新保雅士
65巻(2015年) / 11号 / 1599頁 資料 わが社の知財活動 東洋アルミニウム株式会社 -
65巻(2015年) / 11号 / 1593頁 今更聞けないシリーズ(No.99) (No.99) 「発明を特定するために必要な事項のすべて」とは何か─発明特定プロセスを考察する─ 遠山 勉
65巻(2015年) / 11号 / 1582頁 資料 抗体医薬特許における,非配列限定型/配列限定型特許の出願・審査傾向の分析と考察 徳重大輔
65巻(2015年) / 11号 / 1569頁 海外注目判決(No.8) (No.8) [欧州]国境を越えた消極的確認的訴訟,均等論,出願経過を踏まえたクレームの解釈 クレメンス トビアス シュタインス/マーク デルナウア/マシュー バーケット
65巻(2015年) / 11号 / 1556頁 判例と実務シリーズ(No.453) (No.453) 感覚的な表現の明瞭性について 大 槻 真紀子
65巻(2015年) / 11号 / 1545頁 論説 実践交渉学─やはり重要なのは事前準備─ ライセンス第1委員会第3 小委員会
65巻(2015年) / 11号 / 1532頁 論説 グローバルな知財情報の電子的流通の実現に向けて 情報システム委員会第1 小委員会
65巻(2015年) / 11号 / 1515頁 論説 医薬品産業の知財戦略(その1)─グローバル医薬品事業における特許ポートフォリオの分析─ 医薬・バイオテクノロジー委員会第2 小委員会
65巻(2015年) / 11号 / 1499頁 論説 中国専利権侵害訴訟における「禁反言法理」の適用について 国際第3 委員会
65巻(2015年) / 11号 / 1487頁 論説 侵害の立証が困難な権利の活用を図る─「訴訟提起前の証拠収集制度」に関する一考察─ 特許第2 委員会第5 小委員会
65巻(2015年) / 11号 / 1475頁 論説 裁判例にみるプログラムの著作物の保護範囲の確定手法(その2)(完) 田村善之
65巻(2015年) / 11号 / 1473頁 巻頭言・挨拶 製品開発−ときめきの瞬間 吉水智海 -
65巻(2015年) / 10号 / 1453頁 資料 わが社の知財活動 花王株式会社 -
65巻(2015年) / 10号 / 1447頁 今更聞けないシリーズ(No.98) (No.98) 「国内優先権制度」について 東野匡容
65巻(2015年) / 10号 / 1431頁 資料 営業秘密・秘密情報管理に関する法制度・実務の調査・研究─アジア各国に拠点を持つ多国籍企業の営業秘密・秘密情報管理─ フェアトレード委員会/矢倉信介/ディビッド・E.・ケイス
65巻(2015年) / 10号 / 1416頁 判例と実務シリーズ(No.452) (No.452) 識別力を欠く文字商標等の出願・商標登録に関する実務的対応─「ぐるなびギフトカード 全国共通お食事券」事件を参考に─ 岩崎浩平
65巻(2015年) / 10号 / 1405頁 海外注目判決(No.7) (No.7) [韓国]プロダクト・バイ・プロセス・クレームに関する最近の大法院判例の考察 朴 商敦
65巻(2015年) / 10号 / 1393頁 論説 プロダクト・バイ・プロセスクレーム最高裁判決を考える─平成24年(受)第1204号 特許権侵害差止請求事件─ 医薬・バイオテクノロジー委員会
65巻(2015年) / 10号 / 1378頁 論説 特許ライセンス活動の実態分析(中国・欧州特許) 情報検索委員会第2 小委員会
65巻(2015年) / 10号 / 1363頁 論説 米国企業の戦略的特許買収 国際第1 委員会
65巻(2015年) / 10号 / 1350頁 論説 情報提供制度のハーモナイゼーションに向けた提言 特許第1 委員会第1 小委員会
65巻(2015年) / 10号 / 1339頁 論説 欧州における育成者権と地理的表示の侵害対策と日本への示唆 木村有紀/田中麻衣
65巻(2015年) / 10号 / 1325頁 論説 欧州特許条約における補正要件─補正の自由度を高める明細書の記載方法─ 高橋明雄/稲積朋子
65巻(2015年) / 10号 / 1316頁 論説 中小企業向け知的財産支援制度について 波多江重人
65巻(2015年) / 10号 / 1305頁 論説 裁判例にみるプログラムの著作物の保護範囲の確定手法(その1)─質的な基準と量的な基準─ 田村善之
65巻(2015年) / 10号 / 1303頁 巻頭言・挨拶 知的財産分野のグローバル対応力 八巻隆博 -
65巻(2015年) / 9号 / 1288頁 知的財産Q&A(No.175) (No.175) 不正競争防止法の改正 フェアトレード委員会第1 小委員会
65巻(2015年) / 9号 / 1286頁 資料 わが社の知財活動 日立オートモティブシステムズ株式会社 -
65巻(2015年) / 9号 / 1280頁 今更聞けないシリーズ(No.97) (No.97) アミカスブリーフ─法廷への助言─ フランク J. ウエスト/尾上友紀
65巻(2015年) / 9号 / 1270頁 資料 クリアランス調査におけるスクリーニングの研究 情報検索委員会第1 小委員会
65巻(2015年) / 9号 / 1260頁 海外注目判決(No.6) (No.6) [中国]実施可能要件の判断における実験データへの要求について 李 茂家
65巻(2015年) / 9号 / 1250頁 判例と実務シリーズ(No.451) (No.451) 公知物質の用途発明の進歩性について 金子裕輔
65巻(2015年) / 9号 / 1240頁 論説 警告状に関する商標特有の注意点 商標委員会第1 小委員会
65巻(2015年) / 9号 / 1225頁 論説 2030年グローバル知財予測に関する研究─現状から予測する2030年の知財状況は? 将来の特許制度は?─ マネジメント第1委員会第3 小委員会
65巻(2015年) / 9号 / 1209頁 論説 事業形態に応じたソフトウェア関連発明の出願戦略の実態に関する調査・研究─企業事例を中心に─ ソフトウェア委員会
65巻(2015年) / 9号 / 1199頁 論説 中国における審査官の先行技術調査及び審査を考慮した特許権利化対応 国際第3 委員会
65巻(2015年) / 9号 / 1188頁 論説 ブラジル特許出願における記載要件に関する留意点 国際第1 委員会
65巻(2015年) / 9号 / 1179頁 論説 特許法29条の2における発明の実質同一の判断 特許第2 委員会第3 小委員会
65巻(2015年) / 9号 / 1168頁 論説 拒絶理由通知における記載要件判断の五極比較 特許第1委員会第2小委員会
65巻(2015年) / 9号 / 1155頁 論説 無線通信分野の標準必須特許の権利行使に関する中国競争法による規制─クアルコム社による市場支配的地位の濫用事件を中心に─ 林 秀弥/鄭 双石
65巻(2015年) / 9号 / 1153頁 巻頭言・挨拶 医療機器のグローバル展開と知財戦略 荻野博一 -
65巻(2015年) / 8号 / 1140頁 資料 わが社の知財活動 オムロン オートモーティブエレクトロニクス株式会社 -
65巻(2015年) / 8号 / 1133頁 今更聞けないシリーズ(No.96) (No.96)ラボノートの書き方─記載上の留意点─ 岡康司/菅原哲雄
65巻(2015年) / 8号 / 1119頁 海外注目判決(No. 5) (No. 5)[米国]地裁のクレーム解釈を控訴審でレヴューする際の二重基準 服部健一
65巻(2015年) / 8号 / 1106頁 判例と実務シリーズ(No.450) (No.450)数値限定発明の特許性判断における実験データを巡る攻防の留意点─誘導体磁気及びこれを用いた誘導体共振器事件─ 柏 延之
65巻(2015年) / 8号 / 1094頁 判例と実務シリーズ(No.449) (No.449)商標法3条1項3号の「商品の原材料を普通に用いる方法で表示する標章のみからなる商標」について─IGZO事件─ 川瀬幹夫
65巻(2015年) / 8号 / 1084頁 論説 契約実務における商標保護のあり方─契約類型ごとの考察─ 商標委員会第1小委員会
65巻(2015年) / 8号 / 1072頁 論説 異業種へ参入し成功した商品に関する特許出願分析 情報検索委員会第3小委員会
65巻(2015年) / 8号 / 1058頁 論説 「モノ」から「コト」へ変化する競争源泉における知財マネジメントの研究 マネジメント第2委員会第2小委員会
65巻(2015年) / 8号 / 1045頁 論説 コンピュータ・ソフトウェア関連発明におけるMPFクレームに関する判断基準の研究 ソフトウェア委員会
65巻(2015年) / 8号 / 1034頁 論説 発明の単一性についての各国の判断の違いに関する調査・研究 国際第1 委員会
65巻(2015年) / 8号 / 1024頁 論説 契約の準拠法選択における考え方─どの米国州法を準拠法選択すれば自社に有利になるか,秘密保持契約書とライセンス契約書を中心に─ 牧野和夫
65巻(2015年) / 8号 / 1013頁 論説 著作権の保護期間はどうあるべきか─TPP交渉を契機に考える─ 新 谷 由紀子/菊本 虔
65巻(2015年) / 8号 / 1011頁 巻頭言・挨拶 一自動車部品メーカの70年 西川 勉 -
65巻(2015年) / 7号 / 999頁 資料 わが社の知財活動 長谷川香料株式会社 -
65巻(2015年) / 7号 / 989頁 資料 試験研究の例外 大塚康徳/屋代順治郎
65巻(2015年) / 7号 / 975頁 判例と実務シリーズ(No.448) (No.448) 訂正により生じうる実施可能要件違反の無効理由について─「位置検出器及びその接触針事件」から学ぶ実務上の留意点─ 道坂伸一
65巻(2015年) / 7号 / 965頁 論説 事例検証に基づく効率的な調査手法の提案─無効審判の審判決検証─ 情報検索委員会第2 小委員会
65巻(2015年) / 7号 / 951頁 論説 欧米諸国における「著作権リフォーム」の動向(その2)(完) 著作権委員会
65巻(2015年) / 7号 / 938頁 論説 サービス化時代の事業保護の在り方に関する調査・研究 ソフトウェア委員会
65巻(2015年) / 7号 / 926頁 論説 最近の医薬・バイオ関連発明における審決と判決との判断相違要因の考察 医薬・バイオテクノロジー委員会第1 小委員会
65巻(2015年) / 7号 / 910頁 論説 中国子会社での職務発明規程の導入と運用 国際第3 委員会第1 小委員会
65巻(2015年) / 7号 / 898頁 論説 標準必須特許の損害賠償額算定方法に関する調査研究 国際第1 委員会
65巻(2015年) / 7号 / 888頁 論説 拒絶理由通知における記載要件判断の三極比較─米国特許商標庁を受理官庁としたPCT出願における傾向比較─ 特許第1 委員会第2 小委員会
65巻(2015年) / 7号 / 873頁 論説 米国特許判例に基づく特許譲渡契約の留意点─適法な特許権譲渡と当事者適格の検討を中心に─ 齊藤尚男
65巻(2015年) / 7号 / 871頁 巻頭言・挨拶 謝辞 被表彰者代表 河本健二 -
65巻(2015年) / 7号 / 863頁 巻頭言・挨拶 2015年度運営方針 理事長 亀井正博 -
65巻(2015年) / 7号 / 859頁 巻頭言・挨拶 2014年度業務報告 2014年度理事長 竹本一志 -
65巻(2015年) / 7号 / 858頁 巻頭言・挨拶 挨拶 副会長 御供俊元 -
65巻(2015年) / 7号 / 857頁 巻頭言・挨拶 挨拶 副会長 素利孝久 -
65巻(2015年) / 7号 / 855頁 巻頭言・挨拶 挨拶 会長 田中稔一 -
65巻(2015年) / 6号 / 833頁 協会活動 2014年度海外研修F4コース報告(第6回)─欧州における特許制度,法規,判決および模擬異議申立の研修─ 2014年度海外研修団(F4)
65巻(2015年) / 6号 / 829頁 知的財産Q&A(No.174) (No.174) 自然産物に対する米国特許法101条特許適格性 医薬・バイオテクノロジー委員会
65巻(2015年) / 6号 / 827頁 資料 わが社の知財活動 富士機械製造株式会社 -
65巻(2015年) / 6号 / 821頁 今更聞けないシリーズ(No.95) (No.95) クリエイティブ・コモンズ・ライセンス入門 増田雅史/佐藤亮太
65巻(2015年) / 6号 / 811頁 判例と実務シリーズ(No.447) (No.447) 引用発明の作用効果が失われる場合の進歩性の判断手法 上羽秀敏
65巻(2015年) / 6号 / 796頁 論説 グループ会社における親会社コーポレートブランドの使用可否─親会社とグループ会社との意識のずれから生じる問題と改善提案─ 商標委員会第2 小委員会
65巻(2015年) / 6号 / 784頁 論説 欧米諸国における「著作権リフォーム」の動向(その1) 著作権委員会
65巻(2015年) / 6号 / 768頁 論説 当事者系レビュー(IPR)の実務上の留意点 国際第1 委員会*
65巻(2015年) / 6号 / 757頁 論説 GUI画像デザインの中国での意匠特許保護と現状 相澤良明
65巻(2015年) / 6号 / 742頁 論説 中国司法制度の概要 魏 啓学
65巻(2015年) / 6号 / 733頁 論説 特許訴訟における技術説明会について 牧野知彦
65巻(2015年) / 6号 / 731頁 巻頭言・挨拶 千代田化工の技術開発と知財 細野恭生 -
65巻(2015年) / 5号 / 707頁 協会活動 2014年度海外研修F3コース報告(第8回)─アジアの知的財産事情の研修─ 2014年度海外研修団(F3)
65巻(2015年) / 5号 / 705頁 資料 わが社の知財活動 三菱電機株式会社 -
65巻(2015年) / 5号 / 698頁 今更聞けないシリーズ(No.94) (No.94)実施可能要件とサポート要件との関係 高石秀樹
65巻(2015年) / 5号 / 688頁 資料 平成26年法改正特許法における特許異議申立制度について 星野昌幸
65巻(2015年) / 5号 / 675頁 海外注目判決(No.4) (No.4)[中国]商標実務における知名度の影響力の適用に関する研究─Bonneterie社と中国商標審判委員会との間の商標行政再審事件─ 魏 啓学/陳 傑/王 洪亮
65巻(2015年) / 5号 / 657頁 判例と実務シリーズ(No.446) (No.446)品質等表示における誤認性の判断基準 松村信夫/永田貴久
65巻(2015年) / 5号 / 645頁 論説 法的・ブランディング的観点から読み解くコーポレートブランドマニュアル規定─知的財産部門の果たすべき役割─ 商標委員会第2 小委員会
65巻(2015年) / 5号 / 629頁 論説 知財高裁大合議判決を踏まえた特許権存続期間延長制度のあるべき姿を考える─平成25年(行ケ)第10195-8号 審決取消請求事件─ 医薬・バイオテクノロジー委員会
65巻(2015年) / 5号 / 612頁 論説 標準規格と著作権─法規引用された標準規格と,国家規格に関する問題─ 大西 愛
65巻(2015年) / 5号 / 598頁 論説 地図の著作権の帰属が争われた事例 中所昌司
65巻(2015年) / 5号 / 585頁 論説 米国における共同侵害とその対応策 萩原弘之/スティーブン・バックマン/ジーン・リー/コナー・マクダナー
65巻(2015年) / 5号 / 574頁 論説 欧州共同体意匠と意匠権侵害─意匠権侵害判断基準と侵害訴訟における留意点─ 青木博通
65巻(2015年) / 5号 / 563頁 論説 進化する知財ネゴシエーション─変貌する事業環境下でどうネゴシエーションすべきか─ 二又俊文
65巻(2015年) / 5号 / 561頁 巻頭言・挨拶 成熟と成長 窪田浩一郎 -
65巻(2015年) / 4号 / 548頁 資料 わが社の知財活動 帝人株式会社 -
65巻(2015年) / 4号 / 532頁 特集(知財を活かす!) 非技術的知財のマネジメント 鈴木公明
65巻(2015年) / 4号 / 519頁 特集(知財を活かす!) 営業秘密侵害の現状と法改正の方向性について 三好 豊/小笠原 匡 隆
65巻(2015年) / 4号 / 508頁 特集(知財を活かす!) 中小企業を活かす知財戦略 吉田芳春
65巻(2015年) / 4号 / 496頁 特集(知財を活かす!) 海外から見た日本企業の権利活用 阿部豊隆
65巻(2015年) / 4号 / 484頁 特集(知財を活かす!) 中国におけるオンライン上の諸問題の現状と知的財産権による対策 宮原貴洋
65巻(2015年) / 4号 / 473頁 特集(知財を活かす!) 商標権を活用したロシアでの並行輸入品対策について 萬 秀憲
65巻(2015年) / 4号 / 462頁 特集(知財を活かす!) WIPO GREEN(環境技術移転を促進する仕組み) WIPOグリーンPJ
65巻(2015年) / 4号 / 453頁 特集(知財を活かす!) 事業成長に知財を活かす─日立の知財戦略の変遷と現在の知財活動─ 鈴木 崇
65巻(2015年) / 4号 / 451頁 特集(知財を活かす!) 特集「知財を活かす!」の企画にあたって 会誌広報委員会 -
65巻(2015年) / 3号 / 434頁 協会活動 WIPO特許常設委員会第21回会合 山西 了
65巻(2015年) / 3号 / 432頁 資料 わが社の知財活動 東芝ソリューション株式会社 -
65巻(2015年) / 3号 / 427頁 今更聞けないシリーズ(No.93) (No.93) 禁反言の法理─禁反言が生じる各場面と実務上のポイント─ 河野英仁
65巻(2015年) / 3号 / 421頁 海外注目判決(No. 3) (No. 3) [ドイツ]同一欧州特許に関する他国での侵害訴訟がドイツでの確認訴訟に与える影響 ハイケ アルプス
65巻(2015年) / 3号 / 408頁 判例と実務シリーズ(No.445) (No.445) 出願過程での主張により権利行使が制限された事例に基づく実務上の留意点 横井知理
65巻(2015年) / 3号 / 397頁 判例と実務シリーズ(No.444) (No.444) 写真素材の二次利用可能範囲 北岡弘章
65巻(2015年) / 3号 / 384頁 論説 営業秘密の不正使用行為の立証について フェアトレード委員会第1 小委員会
65巻(2015年) / 3号 / 370頁 論説 実験による立証についての一考察─当事者系審決取消訴訟を中心に─ 内堀保治
65巻(2015年) / 3号 / 359頁 論説 川上・川下企業間での部材と完成品に係る共有特許と消尽 村田真一
65巻(2015年) / 3号 / 348頁 論説 特許権侵害物品(特に化学品)の水際差止の問題点について 飯田 圭/佐竹勝一
65巻(2015年) / 3号 / 335頁 論説 記載要件及び進歩性における出願後の証拠による立証 末吉 剛
65巻(2015年) / 3号 / 325頁 論説 最近の連邦商標希釈化改正法に関する重要判決・審決 佐藤俊司/村上諭志
65巻(2015年) / 3号 / 309頁 論説 知財と標準の交錯─ICT分野から始まったパラダイムシフト─ 二又俊文/土井良治
65巻(2015年) / 3号 / 307頁 巻頭言・挨拶 AGC旭硝子グループにおける技術開発・事業開発 平井良典 -
65巻(2015年) / 2号 / 279頁 資料 わが社の知財活動 三星ダイヤモンド工業株式会社 -
65巻(2015年) / 2号 / 272頁 今更聞けないシリーズ(No.92) (No.92) 特許権の間接侵害に関する規定の日米欧比較について 奥村直樹
65巻(2015年) / 2号 / 266頁 今更聞けないシリーズ(No.91) (No.91) 知財部員のための侵害予防調査─検索着手前に考慮すべき点と検索式作成のテクニック─ 酒井美里
65巻(2015年) / 2号 / 260頁 資料 2014年台北国際発明展&テクノマート見本市の取材報告 中野 亮
65巻(2015年) / 2号 / 250頁 資料 BRICs及びASEANでの周知・著名商標保護制度・実態の調査研究 商標委員会第3 小委員会
65巻(2015年) / 2号 / 238頁 海外注目判決(No.2) (No.2) [米国]特許保護対象の判断基準を確認したAlice社 v CLS銀行最高裁判決の影響 今泉俊克
65巻(2015年) / 2号 / 228頁 判例と実務シリーズ(No.443) (No.443) 知財侵害訴訟における自白について 寺田明日香
65巻(2015年) / 2号 / 216頁 判例と実務シリーズ(No.442) (No.442) 新規事項追加に関する検討─明細書の記載から「ひとまとまりの技術的思想を読み取ることができるか」という指標が示された事例─ 林 佳輔
65巻(2015年) / 2号 / 204頁 論説 欧州特許庁での審査段階における口頭審理への対応 国際第2 委員会第2 小委員会
65巻(2015年) / 2号 / 193頁 論説 発明の進歩性判断における周知技術の取り扱い─特許無効審判当事者の立場にたって─ 特許第2 委員会第3 小委員会
65巻(2015年) / 2号 / 183頁 論説 共同開発に着手するに際して検討しておくべき視点 櫻井克己
65巻(2015年) / 2号 / 171頁 論説 eディスカバリの実践的対応 大平恵美
65巻(2015年) / 2号 / 161頁 論説 特許権侵害における損害額算定式の検討─特許権の取得原価による損害額の算定─ 古川孝之
65巻(2015年) / 2号 / 149頁 論説 知財大国化する中国と知財マネジメント再考 山田勇毅
65巻(2015年) / 2号 / 147頁 巻頭言・挨拶 鉄道インフラのグローバル化元年と知的財産 睫醉男 -
65巻(2015年) / 1号 / 118頁 知的財産Q&A(No.173) (No.173)電子書籍に対応した出版権の整備に係る著作権法改正 著作権委員会
65巻(2015年) / 1号 / 116頁 資料 わが社の知財活動 ユニ・チャーム株式会社 -
65巻(2015年) / 1号 / 109頁 今更聞けないシリーズ(No.90) (No.90)商標機能論について─ 一度販売された商品についての商標権主張可否の根拠として─ 橋本千賀子
65巻(2015年) / 1号 / 95頁 海外注目判決(No.1) (No.1)[米国]黙示ライセンスの存否─先の和解後に取得した新規特許の黙示ライセンスを否定した事件─ 西 美友加/林 茂則
65巻(2015年) / 1号 / 79頁 判例と実務シリーズ(No.441) (No.441)内在する特性と追試実験 細田芳徳
65巻(2015年) / 1号 / 62頁 論説 医薬・バイオテクノロジー分野発明における明細書作成のための指針の提供(その2)(完)─抗体,核酸医薬,コンパニオン診断を中心に─ 医薬・バイオテクノロジー委員会第3 小委員会
65巻(2015年) / 1号 / 51頁 論説 PPH制度の活用に関する考察 国際第2 委員会第3 小委員会
65巻(2015年) / 1号 / 38頁 論説 特許権の侵害に対する警告における留意点の研究 特許第2 委員会第1 小委員会
65巻(2015年) / 1号 / 28頁 論説 拒絶理由通知に関連する諸問題の検討 特許第1 委員会第5 小委員会
65巻(2015年) / 1号 / 14頁 論説 サムスン対アップル控訴事件を巡る法的考察 蔡 万里
65巻(2015年) / 1号 / 5頁 論説 After Final Consideration Pilot プログラムの実態調査報告,及びその有効活用に向けた提言 岡澤祥平
65巻(2015年) / 1号 / 3頁 巻頭言・挨拶 年頭挨拶 会長  間塚道義 -
65巻(2015年) / 1号 / 1頁 巻頭言・挨拶 年頭所感 特許庁長官   伊藤   仁 -
Copyright (C) Japan Intellectual Property Association All Rights Reserved.