トピックス

【正会員限定】12月度 関西部会のご案内

(写)講師殿                                  2017年12月6日

一般社団法人日本知的財産協会                     17日知専18号

関西正会員代表各位                 一般社団法人日本知的財産協会

同窓口担当者各位                           専務理事 久慈 直登

=================================================================

                12月度関西部会開催ご案内

           

=================================================================


下記により、12月度関西部会を開催いたしますので、ご多用中とは存じ
ますが、多数ご出席くださいますようご案内申し上げます。
出欠についての事前連絡は不要ですので、当日は直接会場受付までお越し
ください。【本メールアドレスは送信専用です】

◆日 時 12月20日(水) 14:00〜17:00

◆場 所 大阪マ−チャンダイズ・マ−トビル201,202号会議室
     
大阪市中央区大手前 1丁目 7番31号
TEL 06-6943-2971
<地下鉄谷町線または京阪電車「天満橋駅」下車>
◆議 題

1.会務報告  専務理事 久慈 直登

2.政策プロジェクト・専門委員会報告

-----------------------------------------------------------------
◇1 再生医療分野における特許戦略および特許審査の三極比較研究
-----------------------------------------------------------------

医薬・バイオテクノロジー委員会
2016年度副委員長 池上 廣 氏(田辺三菱製薬株式会社)

▼報告概要
当委員会では、国内外で上市又は治験段階にある再生医療等製品につき、
それら品目をカバーする特許出願の調査分析を通じて、再生医療分野に
おける特許出願戦略を考察するとともに、当該分野における細胞自体の
特許に関する出願審査の日米欧三極比較研究を行ったので、これら結果
について報告する。

-------------------------------------------------------------------
◇2 医薬品産業におけるライセンス契約の留意点
-------------------------------------------------------------------

医薬・バイオテクノロジー委員会
委員長  迫 敏史 氏(中外製薬株式会社)

▼報告概要
日中企業連携PJメンバより、日中企業連携会議にて体感した、急速に発展
している中国企業のマネジメント動向について報告する。加えて、中国
賛助会員より、中国十三五計画等、政府主導で知財強国の創設を進めて
いるが、これが企業知財活動に関して与える影響について解説する。

-------------------------------------------------------------------
◇3 2016年度日中企業連携会議と最新中国知財事情について
-------------------------------------------------------------------

日中企業連携プロジェクト
担当理事(常務理事)木下 達也 氏(キヤノン株式会社)
委 員       原 孟史 氏(ソニー株式会社)

北京品源知識産権代理有限公司(賛助会員)
中国弁護士   朴秀玉氏

▼報告概要
日中企業連携PJメンバより、日中企業連携会議にて体感した、急速に発展
している中国企業のマネジメント動向について報告する。加えて、中国
賛助会員より、中国十三五計画等、政府主導で知財強国の創設を進めて
いるが、これが企業知財活動に関して与える影響について解説する。

-------------------------------------------------------------------
◇4 国際政策プロジェクトの活動紹介【実体ハーモナイゼーション編】
-------------------------------------------------------------------

国際政策プロジェクト
委 員  池嶌 裕介 氏(パナソニック株式会社)

▼報告概要
国際政策プロジェクトの概要と取組状況について紹介します。特に、先進国
を中心とする特許制度調和の枠組みグループB+で検討が進められている
実体ハーモナイゼーションについての最近の動向、主要検討項目(グレース・
ピリオド/衝突出願/先使用権)の議論内容、およびJIPAの貢献を紹介します。

<追伸>
次回の部会は1月26日(金)開催を予定しております。

関連リンク

[Update 2017-12-07 ]