トピックス

【正会員限定】11月度関東部会のご案内

(写)講師殿                                  2019年11月6日

一般社団法人日本知的財産協会                     19日知専13号
関東正会員代表各位                 一般社団法人日本知的財産協会
同窓口担当者各位                           専務理事 久慈 直登

=================================================================

                11月度関東部会開催ご案内
     
=================================================================

11月度関東部会を以下のとおり開催いたしますので、ご多用中とは
存じますが、ご出席くださいますようご案内申し上げます。

準備の都合上、末尾のURLより出欠回答をお願いします。出席の際は、
出席確認メールを印刷して受付にお持ちください。

◆日 時 11月19日(火) 14:00〜17:00

◆場 所 ベルサール八重洲
       東京都中央区八重洲1-3-7
      八重洲ファーストフィナンシャルビル2F

      *正面玄関、受付左奥のエレベーターをご利用ください

◆議 題

1.会務報告  専務理事 久慈 直登

2.海外賛助会員による情報提供(講演:英語、日本語資料あり)

-----------------------------------------------------------------
◇1 「ミーンズ・プラス・ファンクション」の解釈を回避するための対策
-----------------------------------------------------------------

グリーンブラム・バーンスティン法律事務所(米)
ウィリアム・ボシュニック弁護士 (パートナー、特許弁護士)

▼講演概要
近年の「ミーンズ・プラス・ファンクション」を含む特許クレームに対する
解釈の推移を説明する。次に米国特許庁における審査官向けのトレーニング
等について語り、実際のクレーム文言を使用しながら実務上のアドバイスを
行う。

-----------------------------------------------------------------
◇2  PCT 出願のイタリア国内移行について及び欧州における人工知能
-----------------------------------------------------------------

Studio Torta S.p.A.(伊)
シモーネ・ボンジョヴァンニ氏 (CEO、欧州・イタリア国弁理士)

▼講演概要
近年施行予定のイタリア国へのPCT直接移行について概要を簡単にご紹介
いたします。また、出願件数増加傾向にある人工知能関連の特許出願に関し、
最近のトレンドやこうした出願の特許性を欧州特許庁はどのように見て
いるかなどについて解説させていただきます。

3.専門委員会報告

-----------------------------------------------------------------
◇1 先使用権の判断動向と実務上の課題
-----------------------------------------------------------------

特許第2委員会
2018年度副委員長  早野 一樹 氏(DIC(株))

▼報告概要
先使用権の確保にあたっては、特許庁ガイドラインが企業において一定の
指針となっているが、先使用権確保のために証拠管理ルール等を設ける
企業は未だ限定的と言われている。そこで、企業でルール作りがすすまない
背景や課題等を把握するとともに、先使用権の実務上の悩みの解決に
資する提言を試みた。

---------------------------------------------------------------
◇2 SDGsに対応した企業知財のあり方と知財マネジメントに関する研究
---------------------------------------------------------------

マネジメント第2委員会
委員長 岡本 貴洋 氏(サントリーホールディングス(株))

▼報告概要
SDGsに対応した企業の取り組みが益々重要になることが予想される中にあり、
これに対応した知財戦略の検討が不可欠と考えられる。どのようなビジネス
展開をすべきか、知財をどのように有効活用すべきかなどの観点を通じて、
知財部門がSDGs活動に積極関与・推進していくための考え方や施策に
ついて提言する。

<追伸>
次回の部会は12月19日(木)開催を予定しております。

関連リンク

[Update 2019-11-06 ]