トピックス

【正会員限定】6月度関西部会のご案内

(写)講師殿                                  2018年6月5日

一般社団法人日本知的財産協会                     18日知専7号
関西正会員代表各位                 一般社団法人日本知的財産協会
同窓口担当者各位                           専務理事 久慈 直登

=================================================================

                6月度関西部会開催ご案内
     
=================================================================

下記により、6月度関西部会を開催いたしますので、ご多用中とは存じ
ますが、多数ご出席くださいますようご案内申し上げます。
出欠についての事前連絡は不要ですので、当日は直接会場受付までお越し
ください。【本メールアドレスは送信専用です】

◆日 時 6月26日(火) 14:00〜17:00

◆場 所 大阪マ−チャンダイズ・マ−トビル201,202号会議室
     
大阪市中央区大手前 1丁目 7番31号
TEL 06-6943-2971
<地下鉄谷町線または京阪電車「天満橋駅」下車>

◆議 題

1.会務報告  専務理事 久慈 直登

2.専門委員会報告

---------------------------------------------------------------
◇1 第4次産業革命における米国企業の特許出願戦略
---------------------------------------------------------------

国際第1委員会
委 員 濱口 礼雅 氏(シャープ株式会社)

▼報告概要
第4次産業革命をもたらす新しい技術としてIoT、AI及びBDの活用が
注目を集めており、これら技術を活用した新たな市場が生まれている。
この新たな市場において競合するIT企業ともの作り企業は、どのような
観点で出願しているのであろうか。電機・自動車・医療業界の3事例の
分析結果をふまえ報告する。

-----------------------------------------------------------------
◇2 グローバル知財マネジメントの研究
         〜現地知財人材マネジメントを中心に〜
-----------------------------------------------------------------

マネジメント第1委員会
委員長   石田 達朗 氏(パナソニック株式会社)

▼報告概要
海外開発拠点において知財活動の現地化を指向する日本企業は少なくない。
そこで課題となるのは現地知財人材のマネジメントである。本研究では、
本社が現地に求める役割を考慮した現地化対応のプロセスや態様について
分類し、現地知財人材とのコミュニケーションや動機付けの手法について
検討を行った。

-----------------------------------------------------------------
◇3 色彩のブランド戦略への効果的な活用方法
   〜新しいタイプの商標の出願登録例及びその活用例からの考察〜
-----------------------------------------------------------------

商標委員会 
2017年度委員長代理 本田 順一 氏(大塚製薬株式会社)

▼報告概要
商標法の改正により日本でも色彩の商標が登録の対象となったが、色彩の
ブランド戦略への活用については模索している企業も多い。そこで日本に
先行して制度を導入した欧米における実際の出願・登録例及びビジネスへの
活用例を紹介すると共に、色彩のブランド戦略への効果的な活用方法に
ついて報告する。

<追伸>
次回の部会は7月20日(金)開催を予定しております。

関連リンク

[Update 2018-06-05 ]