トピックス

【正会員限定】9月度関西部会のご案内

(写)講師殿                                  2019年9月2日

一般社団法人日本知的財産協会                     19日知専11号
関西正会員代表各位                 一般社団法人日本知的財産協会
同窓口担当者各位                           専務理事 久慈 直登

=================================================================

                9月度関西部会開催ご案内
     
=================================================================

9月度関西部会を以下のとおり開催いたしますので、ご多用中とは
存じますが、多数ご出席くださいますようご案内申し上げます。

出欠についての事前連絡は不要ですので、当日は直接会場受付まで
お越しください。

◆日 時 9月19日(木) 14:00〜17:00

◆場 所 大阪マ−チャンダイズ・マ−トビル201,202号会議室
大阪市中央区大手前 1丁目 7番31号
TEL 06-6943-2971
<地下鉄谷町線または京阪電車「天満橋駅」下車>


◆議 題


1.会務報告  事務局長 志村 勇

2.特別講演

-----------------------------------------------------------------
◇ 味の素グループの「ASV」とブランド価値向上の取組み
-----------------------------------------------------------------

味の素株式会社
理事・知的財産部長 池村 治 氏(JIPA常務理事)

▼講演概要
企業活動においても社会課題の解決がミッションとなった今日、味の素
グループでは事業を通じて社会価値と経済価値を共創する取組み
「Ajinomoto Group Shared Value :ASV」を通じ、ブランド価値、
企業価値の向上を目指している。本活動を知財活動と合わせて紹介する

3.専門委員会報告

-----------------------------------------------------------------
◇1 税関による特許権に基づく輸入差止に関する一考察
-----------------------------------------------------------------

特許第2委員会
2018年度副委員長 矢ヶ部 喜行 氏((株)フィリップス・ジャパン)

▼報告概要
税関における水際での輸入差止は、関税法に規定される貨物が日本に輸入
されることを阻止するための制度である。当小委員会では、とりわけ
特許権に基づく輸入差止について、制度および運用実態を調査し、特許
権者と輸入しようとする者との間でバランスの取れた制度となっているかを
考察した。

---------------------------------------------------------------
◇2 知財部門における多様な人材のマネジメントに関する研究
---------------------------------------------------------------

マネジメント第1委員会
副委員長 牛久保 学 氏(富士ゼロックス(株))

▼報告概要
近年、知財部門の業務の拡大及び複雑化により知財人材に求められる
スキルが増大している一方で、働き方改革の流れの中、多様な人材が
供給されるようになってきた。新たに供給された多様な人材をうまく
活用して、必要とされるスキルを充足させ業務を円滑に運用していく
ための考え方や工夫を提言する。

<追伸>
次回の部会は既にご案内しておりますとおり、関西三業種合同部会と合同で
10/25(金)〜26(土)に開催の予定です(参加申し込みは締切済みです)

関連リンク

[Update 2019-09-02 ]