トピックス

【正会員限定】12月度関東部会のご案内

                                          2019年12月3日

一般社団法人日本知的財産協会                     19日知専16号
関東正会員代表各位                 一般社団法人日本知的財産協会
同窓口担当者各位                           専務理事 久慈 直登

=================================================================

                12月度関東部会開催ご案内
     
=================================================================

12月度関東部会を以下のとおり開催いたしますので、ご多用中とは存じますが、
ご出席くださいますようご案内申し上げます。

準備の都合上、末尾のURLより出欠回答をお願いします。出席の際は、出席確認
メールを印刷して受付にお持ちください。

◆日 時 12月19日(木) 14:00 〜 17:00

◆場 所 ベルサール八重洲
       東京都中央区八重洲1-3-7
      八重洲ファーストフィナンシャルビル2F

      *正面玄関、受付左奥のエレベーターをご利用ください

◆議 題

1.会務報告  専務理事 久慈 直登

2.海外賛助会員による情報提供 (講演:日本語)

-----------------------------------------------------------------
◇ 欧州特許庁における進歩性
-----------------------------------------------------------------
SSM Sandmair(独)
中野 直樹氏 (欧州特許弁理士、日本弁理士)

▼講演概要

欧州特許庁での進歩性の評価は、いわゆる「課題・解決アプローチ」に沿って
行われます。このアプローチの鍵は、課題の適切な設定です。これに
加えて、「could-wouldアプローチ」、特徴の寄せ集め、ボーナス効果、
事後分析、間接的には厳格な明確性要件など、他の要因も進歩性の判断に
影響します。本講演では、欧州特許庁における進歩性評価の基本原則を
解説します。

3.特別講演

-----------------------------------------------------------------
◇ 知的財産法制度改定に思う
-----------------------------------------------------------------
凸版印刷株式会社
顧問 萩原 恒昭 氏(JIPA副会長)

▼講演概要
ここ10年ほどの間に、産業財産権及び著作権に関する法制度がかなりの頻度で
改定されてきました。産業財産権では、職務発明制度に始まりここ数年は知財
司法にウエイトが写ってきています。一方、著作権では海賊版対応に加えて
フェアユース導入論議が記憶に新しいところです。これらの制度改定について
振り返り、さらに今後に向けての動きを共有しておきたいと思います。

4.専門委員会報告

-----------------------------------------------------------------
◇1 ヘルスケア産業の未来像と次世代技術に関する知財研究
-----------------------------------------------------------------
医薬・バイオテクノロジー委員会
副委員長  荒谷 哲也 氏(中外製薬株式会社)

▼報告概要

昨年度の当委員会の研究成果を報告する。産業ビジョンとビジネスモデルの
観点からみたヘルスケア産業における未来像、先進企業の取組み、デジタル
技術を取り入れた次世代技術の開発動向分析、ヘルスケア分野のIoT技術に
着目した特許出願分析、及び当該分野のデータ関連規制について報告する。

---------------------------------------------------------------
◇2 公然実施発明に基づく進歩性欠如の特許無効を争う裁判例の研究
---------------------------------------------------------------
特許第2委員会
2018年度副委員長 流石 大輔 氏(アステラス製薬株式会社)

▼報告概要
公然実施品で特許無効を争う場合、新規性のみならず進歩性を争点にする
ことも可能であるが、公然実施品から課題を読取ることは難しいため、
刊行物を用いる場合とは異なる観点での検討が必要である。そこで裁判例を
元に公然実施品を用いた進歩性判断手法、課題の認定方法について分析
したので報告する。

---------------------------------------------------------------
◇3 事業を強くする知財ガバナンスに関する研究
---------------------------------------------------------------
マネジメント第2委員会
副委員長 小笠原 淳 氏(富士フイルム知財情報リサーチ株式会社)

▼報告概要近年、知財的な観点で関係会社などにガバナンスを効かせ、事業
強化に貢献する必要性が高まってきている。
しかし、定義を含めて明確にした先例はない。本テーマでは、知財ガバナンス
の定義・目的・枠組み(骨子)を明確にし、いかに迅速・効果的に知財ガバナンス
を行うべきかを具体例も交えて提言する。

<追伸>
次回の部会は1月21日(火)開催を予定しております。

関連リンク

[Update 2019-12-03 ]