トピックス

【会員限定】6月度東西部会のご案内

                                          2020年6月15日

会員代表各位                     一般社団法人日本知的財産協会
同窓口担当者各位                           専務理事 久慈 直登

=================================================================

                6月度東西部会のご案内
     
=================================================================

※6月の東西部会は参加型ではなく、動画のオンデマンド配信となりました。
ご視聴に関する詳細は追ってご連絡いたします。

◆議 題

1.JIPA活動の最新状況について  専務理事 久慈 直登

2.専門委員会報告

-----------------------------------------------------------------
◇1 社内スタートアップに対応した知財活動のあり方
-----------------------------------------------------------------

2019年度マネジメント第1委員会第2小委員会
副委員長 藤井 憲氏(スリーエム ジャパン 株式会社)

▼報告概要
事業環境が移り変わるなか、企業にとって新事業開拓は重要である。
その手法のうち、社内の人材・技術等のリソースを活用する社内スタート
アップについて、通常事業と比較した特徴を整理し、その特徴に由来する
意識のギャップを踏まえ、知財部門として好ましい活動は何かを纏めたので、
報告する。

---------------------------------------------------------------
◇2 IPランドスケープに用いる分析ツールについての研究
 (同一事例を複数のツールで分析してみた)
---------------------------------------------------------------

2019年度情報システム委員会第2小委員会
副委員長 森脇 將氏(パナソニック株式会社)

▼報告概要
IPランドスケープにおける主要な分析の1つである「俯瞰図」を作成
可能な3種のツールを検討対象とし、各々のツールで同一の特許群(母集団)
に対する分析を行い、得られる結果を比較・検討した。
ツールを利用する際の留意事項に触れつつ、会員企業のIPランドスケープ
業務に参考となる情報を提供する。

---------------------------------------------------------------
◇3 知財業務の効率化に関する調査・研究
---------------------------------------------------------------
2019年度情報システム委員会第4小委員会
※資料掲載のみ(動画配信はありません)

▼報告概要
業務効率化の手段として注目されているRPA(Robotic Process Automation)に
着目し、RPAを知財業務に導入した企業や知財管理システムベンダへの
ヒアリングを通じて得たRPA導入から運用までの実例や、導入時に起きた問題と
その解決方法などの情報を研究・検証し、「理想的なRPA導入フロー」として
まとめた。

[Update 2020-06-15 ]