専門委員会活動

2017年度専門委員会、特別委員会の調査・研究課題

■特許第1委員会

  • 第1小委員会:特許制度ハーモに向けた調査・研究
  • 第2小委員会:記載要件に関する調査・研究
  • 第3小委員会:進歩性に関する調査・研究
  • 第4小委員会:特許出願における諸問題の検討
  • 第5小委員会:審査過程における諸問題の調査・研究

■特許第2委員会

  • 第1小委員会:近年の日本におけるクレーム解釈
  • 第2小委員会:特許権侵害訴訟における訂正手続きに関する研究
  • 第3小委員会:異議申立における取消理由の通知について
  • 第4小委員会:発明者認定
  • 第5小委員会:(中長期テーマ)/綺歇萃り、 国境をこえて行われる侵害行為

■国際第1委員会

  • WG1:自明性判断における「Common Sense」の調査研究
  • WG2:Final OA後の効率的な対応方法の調査研究
  • WG3:増額賠償に関する裁判所判断傾向の調査研究
  • WG4:自明型ダブルパテントに関する調査研究
  • WG5:IPR禁反言の調査研究
  • WG6:米国における第4次産業革命(AI/IoT/BD)に関する知財戦略の調査研究

■国際第2委員会

  • 第1小委員会
    WG1 ドイツ特許権侵害訴訟実務マニュアル改訂
    WG2 EP特許のナショナル裁判所での判断に関する調査
    WG3 EP formal issueに基づく異議申立ての実態調査
  • 第2小委員会:欧州知財戦略に関する調査・研究(仮)
  • 第3小委員会:PCTに関する調査・研究

■国際第3委員会

  • 第1小委員会: 中国における権利取得に関する調査研究 中国における特・実・意の併願に関する実態調査(単年度テーマ)
  • 第2小委員会: 中国における権利行使/訴訟に関する調査研究(中長期テーマ)

■国際第4委員会

  • 第1小委員会
    WG1:インドにおける特許審査期間に関する調査・研究
    WG2:インドにおける対応外国出願情報提出義務(8条)の調査・研究
  • 第2小委員会:ASEAN・インドにおける権利行使の実態に関する調査・研究

■医薬・バイオテクノロジー委員会

  • 第1小委員会:医薬・バイオテクノロジー分野における次世代技術(例、IoT、人工知能など)に関する知財研究
  • 第2小委員会:バイオシミラー等に関する知財研究
  • 第3小委員会:医薬・バイオテクノロジー分野における特許権の制限と例外に関する研究
    (例、試験研究の例外、消尽、並行輸入、強制実施権など)

■ソフトウェア委員会

  • 第1小委員会:データ構造クレームに関する調査、研究
  • 第2小委員会
    第1WG:AIにおける知財戦略(複数法域からのAI関連知財の保護を考える)
    第2WG:AI発明の特定と権利化/秘匿化等に関する研究
    第3WG:「ソフトウェア知財戦略」に関する調査・研究

■著作権委員会

  • イノベーションチーム:
    |作権リフォーム動向調査
    ■腺錨新技術と著作権の関係調査研究
  • LKMチーム、コンテンツチーム:
    ヽ銅劼納損椶靴討い襦深損椶靴燭ぁ崔作権教育・情報発信コンテンツ」の検討とりまとめ
    企業内著作権教育で使える(=ビジネスで役立つ)「国内外の著作権関連判例」の検討
    JIPA研修コース(臨時研修会含む)への新規講義科目追加の検討

■マネジメント第1委員会

  • 第1小委員会:グローバル知財マネジメント(現地化対応、現地人材の採用・育成)
  • 第2小委員会:グローバルな職務発明制度(戦略的な制度設計)
  • 第3小委員会:外国代理人事務所の管理・連携・活用促進

■マネジメント第2委員会

  • 第1小委員会:ICT時代の知財戦略に関する研究〜競争と協調における知財マネジメント〜
  • 第2小委員会:AI等を利用した知財活動に関する研究
  • 第3小委員会:知財部からの情報発信のあり方の研究

■情報システム委員会

  • 第1小委員会:グローバルな知財情報の電子的流通及び有効活用のための調査・研究
  • 第2小委員会:企業内情報システムについて 〜ビッグデータ解析を踏まえて〜
  • 第3小委員会:知財管理システムデータの「見える化」に関する調査・研究

■情報検索委員会

  • 第1小委員会
    WG1:新しい検索手法の探求2017
    WG2:オープンデータ利活用手法の探求
  • 第2小委員会
    WG1:商用/フリー特許DBの比較検討
    WG2:調査・分析ツールの活用に関する研究
  • 第3小委員会
    WG1:業界別知財戦略の研究
    WG2:M&A知財DDの方針研究

■ライセンス第1委員会

  • 第1小委員会:英文秘密保持契約の実務に関する調査研究
  • 第2小委員会:各国裁判制度が知財紛争解決に与える影響の調査研究
  • 第3小委員会:経営戦略に貢献するための知財コンサルティングの在り方に関する調査研究−オープンイノベーションの推進および契約支援を中心として−

■ライセンス第2委員会

  • 第1小委員会:IoT、AI、ビッグデータ等に係る契約上の留意点
  • 第2小委員会:ライセンス契約、技術関連契約締結前後の管理運用
  • 第3小委員会:(国内)ライセンス契約の実務に関する調査研究)

■意匠委員会

  • 第1小委員会:イノベーティブデザインの保護手段としての部分意匠・画像意匠の各国の調査研究
  • 第2小委員会:意匠権による差止めをはじめとする活用方法に関する調査研究

■商標委員会

  • 第1小委員会(国内):新規ビジネス立上げに向けた商標上の留意点(仮) 第2小委員会:
    デジタルネットワークの拡大がブランド訴求/商標管理に与える影響
    グローバル化するブランドの管理
    グローバルなブランド活用視点からみたM&Aに関する考察 第3小委員会(海外):インターネット上の諸問題に対する商標担当者の備え(仮)

■フェアトレード委員会

  • 第1小委員会
    国内外における営業秘密保護法制、企業における保護管理に関する調査・研究
    WG1:営業秘密漏洩時の的確な初動対応に関する調査・研究
    WG2:第四次産業革命に向けたデータ・知財の利活用に関する調査・研究WG3 新興国進出における営業秘密漏洩の対策に関する調査・研究
  • 第2小委員会
    国内外における知的財産権の活用と独禁法問題に関する調査・研究
  • 第3小委員会
    国内外における営業秘密侵害行為以外の不正競争行為に関する調査・研究

■人材育成委員会

  • 第1小委員会:定例コースの企画
  • 第2小委員会:特別コース、技術部門向けコースの企画
  • 第3小委員会:新規・臨時コース、サテライト研修の企画
  • 第4小委員会:海外研修コースの企画

■会誌広報委員会

  • 第1小委員会:一般、今更聞けないシリーズ Q&Aの企画
  • 第2小委員会:判例と実務の企画
Copyright (C) Japan Intellectual Property Association All Rights Reserved.