トピックス

【正会員限定】2月度関西部会のご案内

                                         2020年2月3日

一般社団法人日本知的財産協会                     19日知専23号
関西正会員代表各位                 一般社団法人日本知的財産協会
同窓口担当者各位                           専務理事 久慈 直登

=================================================================

                2月度関西部会開催ご案内
     
=================================================================

2月度関西部会を以下のとおり開催いたしますので、ご多用中とは
存じますが、多数ご出席くださいますようご案内申し上げます。

準備のため、お手数ですが以下より出欠回答をお願いします。出席の際は、
出席確認メールを印刷して受付にお持ちください。

≪出欠回答締切日:2月21日(金)≫

◆日 時 2月26日(水) 14:00〜17:00

◆場 所 大阪マ−チャンダイズ・マ−トビル201,202号会議室
大阪市中央区大手前 1丁目 7番31号
TEL 06-6943-2971
<地下鉄谷町線または京阪電車「天満橋駅」下車>


◆議 題

1.感謝表彰式

2.会務報告  事務局長 志村 勇

-----------------------------------------------------------------
◇1 欧州特許条約83条(実施可能要件)
-----------------------------------------------------------------
フォシウス アンド パートナー特許事務所(独)
ナタリア ベリーマン氏、佐伯 奈美氏

▼講演概要
欧州特許条約では実施可能要件違反は異議申立理由として挙げられており、
異議申立人にとっては有効な先行文献が無い場合でも特許無効を主張する
根拠となり、特許権者にとっては特許付与後も対応を迫られる記載要件で
ある。講演は実例を通し、欧州特許庁で求められる実施可能要件を理解する
ことを目的とする。

-----------------------------------------------------------------
◇2 欧州におけるIoTおよびAI関連技術の特許権取得
-----------------------------------------------------------------
ミューバン エリス特許事務所(英)
ジョン アディス氏

▼講演概要
欧州にてIoTおよびAI関連技術の特許権を取得するための実務における留意事項を、
日本との差異に注目して、特に明細書の作成および審査の観点から説明する。

4.専門委員会報告

---------------------------------------------------------------
◇1 欧米主要企業による第4次産業革命の欧州特許出願に関する研究
---------------------------------------------------------------

国際第2委員会
委 員   三輪 恵氏(三菱電機株式会社)

▼報告概要
2011年に端を発する第4次産業革命(4IR)の各技術分野に高い注目が集まって
いる。今回は、IoTプラットフォームの開発を行ってきた欧米主要企業の3社を
対象として、欧州における各社の4IR関連出願について、統計的な観点および
個別の出願案件の観点から分析を行ったので報告する。

-----------------------------------------------------------------
◇2 近年の進歩性審査の質に関する考察
-----------------------------------------------------------------

特許第1委員会
副委員長 中島 裕美氏(日本電信電話株式会社)

▼報告概要
当委員会では、2018年度から進歩性に係る審査の統計的な傾向分析と個別案件の
検証を行ってきた。抽出した具体事例は特許庁に提供し、特許庁と当委員会との
間で審査の質に関する意見交換を頻繁に実施してきた。
今回は、この2年間の活動成果を総括して報告する。

-----------------------------------------------------------------
◇3 特許権侵害立証の実務実態に関する研究 
       ―証拠の直接取得が困難な場合を対象として―
-----------------------------------------------------------------

特許第2委員会
2018年度副委員長 影山 正光氏(積水化学工業株式会社)

▼報告概要
特許権侵害訴訟において、被疑侵害者が侵害行為を行っていることの立証や、
その証拠の確保が難しい場合がある。
本研究では、現在の法制度のもと、特許権者が侵害事実を主張・立証する際に
留意すべき事項、及び被疑侵害者が反論等の際に留意すべき事項について、
実務的な観点から検討したので紹介する。

関連リンク

[Update 2020-02-03 ]